So-net無料ブログ作成

お詫びと訂正のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:お詫びと訂正

お詫びと訂正のカテゴリ記事一覧。購入前の疑問をすべて解決します。機種選択にはポイントがあります。これを知っていれば機種選択で失敗することはありません。

2014-01-20お詫びと訂正
また、お詫びです。本当に何度も申し訳ありません。前回記事の、「極上中古車を作る方法(別冊CG)」は、現在楽天では注文できない商品となっております。注文しようとし..

記事を読む

2014-01-17お詫びと訂正
お詫びと訂正最近お詫びが多くて申し訳ありません。ちょっと気になる事があり調べ直しています。何を調べているかというと、機種ごとのヒートアップタイムです。ケルヒャー..

記事を読む

2014-01-09お詫びと訂正
とんでもない間違いをしていました。ショップリンクを貼り間違えていました。条件付でSC 1040が破格の値段で販売されているという記事を書きました。内容に間違いは..

記事を読む

5..

2013-01-18お詫びと訂正
5機種でもボイラーの能力は2種類 [2013-01-11 13:00] の記事でボイラーの能力は2種類と書きました。この記事について内容の修正と追加をします。ケ..

記事を読む

また、お詫びです。本当に何度も申し訳ありません。

また、お詫びです。

本当に何度も申し訳ありません。
前回記事の、「極上中古車を作る方法(別冊CG)」は、現在楽天では注文で
きない商品となっております。

注文しようとして気がつきました。
アマゾンが中古本ばかりだったのでおかしいなとは思いました。楽天なら新本
が買えると喜んだのですが、完全に確認不足でした。
本当に何度も申し訳ありません。

 カテゴリ

 タグ

お詫びと訂正

お詫びと訂正

最近お詫びが多くて申し訳ありません。

ちょっと気になる事があり調べ直しています。
何を調べているかというと、機種ごとのヒートアップタイムです。
ケルヒャージャパンのホームページによるとSC 3000のヒートアップタイ
ムは6分です。

しかし、過去記事の中に4分と書いたものがあります。
何を(どこのサイトを)元に記事を書いたのかが分からなくて困っていま
す。私の見間違いの可能性も否定出来ませんが、とにかく困っています。

言い訳になってしまいますが、輸入家電では時々サイトにより仕様スペッ
クが違うということがあります。多分、現地との電圧差によるものだと思
います。気にする方が殆どいないのか問題にはなっていないようですが。
原因が何処にあったにしても、記事内容に間違いがありました。
 
何故そんなに気にするのかというと、判断基準の根底が違ってくるからで
す。
 
結論を先に申し上げると、SC 1040とSC 3000のヒートアップタイムは、ど
ちらも6分です。

今後は、記事元をはっきりさせる必要があると反省しています。
原因が分かったら勿論報告をします。

 カテゴリ

 タグ

とんでもない間違いをしていました。ショップリンクを貼り間違えていました。

とんでもない間違いをしていました。
ショップリンクを貼り間違えていました。

条件付でSC 1040が破格の値段で販売されているという記事を書きました。
内容に間違いはありませんが、リンクの貼り間違いをしてしまいました。

販売をしているのは、楽天に出店しているオアシス電器です。
母体は、株式会社オアシスソフトです。ショップの販売内容は総合的なシ
ョップではなく、得意分野に特化したお店でUQ WiMAXの正規代理店です。

UQ WiMAXはモバイルデータ通信の分野において、3年連続顧客満足度No.1
です。

私の住む場所はギリギリエリア内ですが、残念ながら良好な受信が出来ま
せん。その為、auの4GLTEだけを使っています。受信状態の良い場所に住
む方でWi-Fiルーターの購入を考えている方は、絶対にUQ WiMAXをしっか
りと検討することをおすすめします。

内容はHPでご確認下さい。条件プランが合う方で、スチームクリーナー
に関心がある方は検討しても良い内容だと思います。

何年か前に、ケルヒャーそっくりのカラーで形も酷似の製品が1万円前後で
販売されていました。付属品も多く魅力的にみせていましたが、某物真似大国
の製品でした。まったく似て非なる製品です。
 
このセールの製品は正真正銘のケルヒャーの現行機種です。条件が合えば
本当に破格の値段です。

UQ WiMAXの最大の魅力は、価格が安くスピード制限がないことです。ノー
リミットのプランは7GBの縛りがありません。ですから、思いっきりイン
ターネットが楽しめます。

しかし、このセールのプランはハイスピードのWiMAX 2+にも対応したモデ
ルですから7GBの縛りはあります。ここがネックです。
 
HWD14は、これ1台ですべてのプランに対応しています。設定も非常に簡単です。

こう考えると、魅力たっぷりですが非常に狭い条件である事が分かります。

この点を承知の上でご検討されると良いでしょう。
 

 カテゴリ

 タグ

記事の修正と追加をします。

5機種でもボイラーの能力は2種類 [2013-01-11 13:00] の記事でボイラーの能力は2種類と書きました。

この記事について内容の修正と追加をします。

ケルヒャー ジャパンに幾つかの質問をしてありました。3連休で回答が届くのが遅くなった事と私が見落としていた為、記事に反映するのが遅れてしまいました。


ボイラーの能力という表現について修正します
この件について、回答を箇条書きにすると以下の通りです。
担当の早坂様ありがとうございます。

1.
スチームクリーナーの吐出圧力は、製品本体の形状などの違いにより数値上わずかに異なる

2.
しかし、体感できるものではなく、洗浄能力には違いがない

3.
スチームクリーナーは、もともと汚れを噴射圧で落とすのではなく、蒸気の熱と水分で汚れを溶かして落とす製品である


私は、業務用のDE4002プラスに一番関心がありました。
業務用は吐出圧力も一番高いだろうという私の思い込みと、他の疑問もあり質問をしました。私が、オプションのノズルセットを便利に思っていましたので、更に強い噴射圧力を求めた為だと思います。


DE4002プラスは、勿論、製品本体からスチームホースを取り外すことが出来ます

そして、噴射するスチームの水分量を調整することが可能な機種であり、水分の多いお湯状で出すこともできます。

ですから、汚れを洗い流す事ができるのです
厨房などにはピッタリの機能ですね
。やっぱり業務用はいいですね。

DE4002プラスに、もう一つ良いニュースがあります。

ケルヒャー 業務用製品(マシン)の保証期間が1年から2年間保証へと延長されました

詳しい内容はケルヒャー ジャパンHPをご覧下さい。
 
* 2012年8月1日より
** 但し、ユーザー登録をした場合

 

 カテゴリ

 タグ


Copyright © ケルヒャースチームクリーナーの絶対に後悔しない選び方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。